子宮内膜症は漢方で改善しよう|力みなぎる健康体

医者

食事で予防をする

若い女性でも危険です。

女性

大腸がんとは大腸にできる癌です。女性では癌の発生率が高く最も注意が必要な癌の一つです。 原因としてはいろいろと言われています。ストレスや便秘など生活に関することが要因ではないかと言われています。 大腸がんは以前に比べ患者数は増加傾向にあります。最新の情報では年間5万人弱の方が大腸がんで亡くなっていると報告されています。 この原因は高齢化や食事の変化も関与していると思われます。 大腸がんは転移しなければそれほど危険な部類ではありません。ただし、大腸は水の吸収以外に薬物やある程度の栄養の吸収もできるため、全身への転移が早い特徴があります。しかも他の癌と違い全身転移するとさまざまな重要臓器にすぐに転移しやすいという特徴があります。

大腸がんは食事予防できます

大腸がんが遺伝的な癌でないため、生活習慣の改善で予防することができます。 他の病気にも言えるのですが、食事療法と運動療法です。大腸がんの初めの症状は痔と同じようなものから始まると言われています。 大腸に悪さをする物質が長時間いるとそれが刺激となり発症すると考えられています。よって腸内環境を整えるために食物繊維や軽い運動をすると効果的です。 さらに油ものを控えることも大切です。 つまり大腸がんであるからといい特別な配慮はいりません。他の病気予防と同じように適正カロリーで、適度な運動を行うだけで予防になります。 過度なダイエット等も逆効果です。 女性の間ではカロリーカットのダイエット薬を用いて体重を減らしている方が多いですが、やはりきちんと運動もしないと病気予防としてはしっかり効果が発揮されません。