子宮内膜症は漢方で改善しよう|力みなぎる健康体

医者

生活を見直す

癌性胸膜炎の予防法

男性

癌性胸膜炎は、胸膜が癌細胞におかされ、胸水がたまる恐ろしい症状です。癌性胸膜炎を引き起こす病気には、肺癌や胃がんなどがあり、一度癌性胸膜炎の症状がでてくると、治療に長い時間と膨大な労力を要します。 そこで、癌性胸膜炎は予防することが最も大切になってきます。生活習慣を改善したり、食生活を工夫することで、癌性胸膜炎を見事防ぐことは可能なのです。 癌性胸膜炎の予防には、まずタバコを吸っている場合はすぐに禁煙することが必要になります。癌性胸膜炎の原因の大半は、肺癌であることがわかっているため、肺癌にかからないように工夫することが大切です。また、適度に運動をするように心がけ、精神的にストレスの少ない生活をおくるようにすることも大事です。

癌性胸膜炎の疑いがあれば発症する前に対処する

癌性胸膜炎とは、癌が胸膜に播種する(固まりでなく薄く広がっていく)ことで、胸水が溜まってしまう病気です。単独で発症することが少なく、胃がんや肺がんなどの別の癌が胸膜に転移することで発症します。 胸水が溜まってしまうと肺が押しつぶされるため胸が痛み、ひどいときは呼吸困難になります。この胸の痛みは深呼吸することで痛みが増し、血の混じった痰を含む咳がでるようになり、咳によって胸の痛みがさらに増すというとても苦しい病気です。 癌性胸膜炎の治療のトレンドとしては、患者に負担や苦痛をかけない治療法とするため、肺がんなどの他の癌が見つかった時点で癌性胸膜炎を疑い、早めに抗がん剤を投与できるよう試みます。癌性胸膜炎は、胸水が少し溜まった状態では症状が無いことが多く、痛みの症状がでないことから、症状が出る前に発症を抑止するためです。